WEB予約/問診

06-6388-8600
  • 〒564-0002 大阪府吹田市岸部中5丁目1番1号 SST2階 オアシスタウン吹田

生活習慣病

生活習慣病|吹田SST野中クリニック|吹田市岸辺駅の内科・循環器内科・生活習慣病・外科

生活習慣病について

lifestyle disease

生活習慣病について

生活習慣病とは、食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症や進行に関与する疾患群のことです。その代表例が糖尿病(2型)、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症などです。これらの疾患は生活習慣を見直すことにより、予防・改善することが可能です。しかし、長年放置すると、心筋梗塞や脳梗塞といった疾患のリスクを高めてしまいます。特定健診が普及し、健診でこれらの異常を指摘される方は非常に多くいらっしゃいます。生活習慣病を放置することは百害あって一利なしですので、健診で異常を指摘された方は、是非早めにご相談ください。

生活習慣病の症状と疾患

lifestyle disease

このような症状と疾患の方はご相談ください

  • 喉が渇く
  • 頭痛
  • 嘔吐、下痢、便秘
  • 腹痛
  • 尿が近い、尿に血が混じる
  • 貧血
  • 湿疹
  • 足が冷える
  • 血圧が高い、低い
  • 体がだるい
  • 体のむくみが気になる
  • イライラしやすい
  • 健診で生活習慣病を指摘された
  • 最近体重が増えた、減った

などの幅広い症状がありますが、初期はほとんど自覚症状がありません。

生活習慣病の主な病気

lifestyle disease

高血圧

高血圧は血圧の高い状態が続く病気です。血圧とは、血管の中を血液が流れる際に、血管の壁にかかる圧力のことです。健康な人の血圧は、収縮期血圧(心臓が縮んで血液を送り出したときの血圧。最大血圧)が140mmHg未満、拡張期血圧(心臓が拡張したときの血圧。最小血圧)が90mmHg未満です。このいずれかが上回っている状態が高血圧です。
血圧が高くても通常、特徴のある症状は現れません。症状が表れないのにもかかわらず、身体の中では知らず知らずのうちに、高血圧の悪影響がじわりじわりと広がっていきます。血圧が高いということは、血管の壁に強い圧力がかかっているということですから、それを治療せずにいると、血管が痛めつけられてその老化現象が早く進んでしまうのです。言うまでもなく、血管は全身に張り巡らされていて、血管のない部分というのはほとんどありません。ですから、高血圧の影響は全身に出ます。
血管がたくさんある所ほどその影響を受けやすく、具体的には、脳や腎臓、目の網膜などです。それに、血液を送り出す際に負担がかかる心臓も、高血圧の合併症が現れやすい臓器です。それぞれ、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などを引き起こします。そうならないよう、高血圧と言われたら、血圧が高くならないように、生活習慣を改善する必要がありますし、お薬の服用を考えた方がよいかもしれませんので、早めに受診されることをお勧めします。

高脂血症

脂質異常症(高脂血症)は、血清脂質値が異常値を示す病気です。血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度(濃さ)のことです。血液の中の脂肪分はいくつかのタイプに分けられ、健康な人は、LDL-コレステロールが140mg/dL未満、HDL-コレステロールが40mg/dL以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL未満です。この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が脂質異常症です。ただし、LDL-コレステロールが140mg/dL未満であっても120〜139mg/dLの間は「境界域」に該当し、動脈硬化を引き起こす脂質異常症以外の病気(高血圧や糖尿病など)がある場合などは治療の必要性が高くなります。
脂質異常症という病名については、以前高脂血症と呼ばれていた状態とほぼ同じです。しかし、善玉のHDL-コレステロールは高い方が良いので、以前の「高脂血症」という病名ではそぐわない点があることなどのために、最近は脂質異常症と呼ばれています。
血清脂質値が異常でも、通常、症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、知らず知らずのうちに全身の血管が痛めつけられます。その影響は、主に動脈硬化となって現れます。
動脈硬化が進むと、心臓や脳などの血液の流れが悪くなります。そして、あるとき突然、心筋梗塞や脳梗塞などの発作が起き、QOL(生活の質)が低下したり、ときには命も左右されかねません。
脂質異常症と指摘されたら、心臓や脳の発作を起こさないために、血清脂質値(特に悪玉のLDL-コレステロール)に、気をつけておく必要があります。早めに治療を開始することで動脈硬化の進行を抑えることができますので、かかりつけ医にご相談ください。

痛風(高尿酸血症)

痛風は「風が当たっただけで痛い」と表現されるほどの激痛が発作的に起こる関節炎です。主に足の親指の付け根付近に生じます。患者様の多くは30〜50代の男性で、女性が痛風になることはめったにありません。
痛風発作の激しい痛みは数日間続き、手当ての有無にかかわらず、やがて治まってくるのが普通の経過です。このため患者様の中には、発作の原因である「高尿酸血症」を治療せずにいる人が少なくありません。高尿酸血症そのものは、全く自覚症状がない病気だからです。高尿酸血症とは、身体の新陳代謝で発生する老廃物である「尿酸」が増え過ぎている状態です。尿酸コントロールには「6-7-8のルール」が適応されます。8以上は多くの場合、薬物治療が必要で、6以下を目指します。そして7以下は正常、7を超えると高尿酸血症です。
高尿酸血症のために体内で結晶化した尿酸は、関節や腎臓などに留まります。関節に溜まった尿酸の結晶が痛風発作の原因となります。痛風そのものは短期間で治まっても、高尿酸血症を治さないことには体内の尿酸結晶はそのまま存在し続けます。その結果、痛風発作が再発したり、腎臓中の尿酸結晶が原因で腎臓病になったり、尿路結石ができたりといった、さまざまな合併症が起こります。また、高尿酸血症の患者様はたいてい、メタボリックシンドロームに該当し、動脈硬化が進行しやすい状態にあります。

肥満症(メタボ)

肥満症とメタボリックシンドロームは、どちらも肥満のために起こる病気なので、重なり合う部分が多いのですが、少し異なります。まずは両者の共通点である「肥満」について説明いたします。
肥満とは、からだに余分な脂肪がついている状態を指します。医学的には「BMI」という尺度を使い、肥満かどうかを判定します。そのBMIは、体重(kg)を、メートルで表した身長で2回割り算して計算します。この答えが18.5以上25未満になれば普通体重、18.5未満なら低体重(やせ過ぎ)で、25以上の場合が肥満です。例えば、身長160cmで体重65kgの人を例にとると、65÷1.6÷1.6=25.39。この人はBMIが25.4なので、肥満に該当します。
肥満症は、肥満に該当する状態(BMIが25以上)で、かつ、肥満による健康への悪影響が既に現れている場合、もしくは「内臓脂肪型肥満」の場合を指す病名です。前者の「肥満による健康への悪影響」の主なものを挙げると、糖尿病やその予備群、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)、心臓や脳の血管の病気、脂肪肝、月経異常、ひざの痛みや腰痛、睡眠時無呼吸症候群などです。後者の「内臓脂肪型肥満」とは、おなかの出っ張りが特徴の肥満のことで、中年男性によくみられます。医学的には内臓脂肪面積が100㎠以上のときに内臓脂肪型肥満と診断されますが、一般的にはウエスト周囲長で代用されていて、男性は85cm以上、女性は90cm以上の場合に該当します。
では、「肥満症」と「メタボリックシンドローム」の違いは何かというと、肥満症の健康への悪影響の中でも特に、命に直結しかねない動脈硬化に焦点を当て、その予防と早期治療のために診断するのがメタボリックシンドロームだということです。具体的には、前期の内臓脂肪型肥満に該当し、かつ、血圧や血糖値、血清脂質に“軽度”の異常が重なっている状態を指します。異常の程度が“軽度”でも診断する理由は、軽度であっても異常が複数重なると動脈硬化の進行が相乗的に速くなってしまうためです。なお、肥満症もメタボリックシンドロームも医学的には疾患(病気)に該当します。つまり、単に“太っている”では済まされずに、治療が必要な状態なのです。